フィルムカメラで撮影して、暗室で手焼きプリントする、超アナログ写真体験ワークショップ!
(貸し出しフィルムカメラもあるよ!)

このワークショップは、フィルムカメラでマニュアル撮影し、暗室にて自分の手でカラープリントをするという、
まるで20年前にタイムスリップしたかのような、超アナログな写真体験ができる全2回のワークショップです。

まずは第1回の撮影会。
フィルムカメラを使って、絞りやシャッタースピードを自分で決める、マニュアル操作で写真を撮ります。
今までやったことがない人も、できるようにちゃんと指導しますので大丈夫!
「フィルムカメラを持っていないけれど体験してみたい」という方のために、貸し出しカメラもご用意。

そして、第2回ではF_dの暗室にて、現像されたフィルムからのカラープリントに挑戦します。
何も見えない暗闇の中、引き伸ばし機でフィルムを印画紙に焼き付ける、手焼きプリント。
これだけでも、かなり貴重な体験です。
今まで写真屋さんにお願いしていた「フィルムからプリント」という行程に、
こんな面白さが隠れていたなんて…!!と驚かれることでしょう。
デジカメしか使ったことのない方は、もっとビックリするはず。

なぜ今、こんなアナログなことをするのか?
それはきっと、プリントされた写真を見れば分かっていただけると思います!

第1回 / 撮影会 10:00〜15:00(お昼休憩1時間を含む)

10:00-11:00(1時間) フィルムカメラの使い方などをレクチャー
11:00-12:00(1時間) 撮影 *マニュアル撮影の指導をいたします
12:00-13:00(1時間) お昼休憩
13:00-14:30(1時間30分) 撮影のつづき
14:30-15:00(30分) まとめ・次回までの準備について

*次回までに各自でフィルムを現像し、F_dへネガを送っていただきます。(事前にベタ焼きをするため)

第2回 / カラープリント・講評会 10:00〜17:00(お昼休憩1時間を含む)

10:00-10:30(30分) カラープリントについてレクチャー
10:30-11:30(60分) ベタ作成
11:30-12:30(1時間) お昼休憩
12:30-16:00(3時間30分) カラープリント *順番でプリントします
16:00-17:00(1時間) 講評・懇親会

*第1回・第2回とも、当日の進行状況により、時間は多少前後する可能性があります。

もう一度、ワークショップの内容をおさらい。

・フィルムカメラでマニュアル撮影にチャレンジ!
・暗室でフィルムからの手焼きプリントを体験!
・フィルムカメラを持っていなくても参加OK!(F_d貸出)

…といった内容です。
暗室作業があるので、定員は4名まで。
少人数でのワークショップですので、お早めにお申し込みください。
ではでは、お待ちしています!

マニュアル撮影ができるように、EV値による露出決定の仕方もお教えします。
これが分かれば、露出計がついていない(または壊れている)古いフィルムカメラでも
撮影できるようになりますよ〜。

募集要項

定員 4 名
受講費 9,000円(税込)
*手焼きプリントの印画紙代を含む
(六つ切の印画紙4枚分…ベタ1枚・テストプリント用1枚・本チャン焼き用2枚)
*フィルムの現像費は各自負担
開催日時 第1回(撮影会) 2018年 7月14日() 10:00〜15:00
第2回(手焼きプリント) 2018年 8月4日() 10:00〜17:00

*終了時間は前後する可能性があります
持ってくるもの フィルムカメラ(持っていない方にはF_dが貸し出します)
フィルム(ISO100・36枚撮り推奨)1〜2本 *1本500円で販売いたしますのでご希望の場合はお尋ねください。
筆記用具
受付 講座前日まで受付いたします。
※お申し込みはLivePocketにてお申し込みください。
※少人数制のため、お申し込み後のキャンセルによる返金はいたしません。

*表示価格はすべて税別です。別途消費税が加算されます。

お申し込み

LivePocket申し込みページへ