エフ・ディデザイン塾よりお知らせです。
デザイン塾では毎月、福岡で活躍されている現役のクリエイターをお呼びして
リアルな仕事の話を聞くお勉強セミナーを行っています。

12月は元シティ情報福岡編集長 伊藤尚子さんを招いて行います。

今回のお勉強セミナーは、福岡の情報を発信してきた地方誌の魁、シティ情報ふくおか元編集長の伊藤尚子さんを招いて行います。タウン誌の編集者として長いキャリアを持つ伊藤さんに、情報と街、人、福岡についてお話をお聞きします。
ものを作り発信していくには編集的な視点が大切です。これからの時代、情報の伝え方、手段や形態はますます複雑になって変わっていきます。さまざまな事柄を整理しどうやって伝えるのか、編集的な視点を持ってデザイン・リリースしていくこと、これからのデザイナーに求められる資質です。
またブログやツイッターなど、個人で簡単に言葉を発信できる時代になった今こそ、受け手に ”正しく伝える意識” を持つことが大切です。さまざまな情報を読者に伝えてきた編集者の伊藤さんの「情報と街、(受けての)人」に関するお話は、きっとこれからのクリエイティブの活動に役立つでしょう。
伊藤さんは在籍中にもガレージセールやローカルな糸島を取り上げ、コミュニティづくりや福岡の魅力を発信してきました。そんな地元福岡への熱い思いもお話いただきます。

日時/2010年12月11日(土)午後5時〜6時30分(1時間30分)
開場/エフ・ディデザイン塾にて
定員/30名・無料
講師/元シティ情報福岡編集長 編集者 伊藤尚子さん

伊藤尚子|プロフィール

元シティ情報福岡編集長 編集者 伊藤尚子さん

<経歴>
1993年 プランニング秀巧社に入社。
編集部にて、《シティ情報ふくおか》のニューオープン、音楽、特集などを担当。
読者イベント(ガレージセール、公開インタビューetc…)の企画・運営、TV、ラジオ出演なども行なう。
1998年 新設・情報部にて、自社のi-mode公式サイトを立ち上げる。
2000年 株式会社ゼンリンとの合同プロジェクト《北九州 美味本》創刊号の編集長を務める。
プロジェクト終了後、シニアディレクターとして再び本誌編集部へ。
音楽チームを担当し、年間100本以上のライヴ鑑賞と毎号のインタビューを3年余り続ける。
その間、fm fukuokaとの共同別冊『福岡音楽本』も製作。
その後、企業誌のディレクション、別冊の編集長などを務め、
『福岡の本当に旨いラーメン』『夏号 スロウ』『Fukuokaインテリアの本』を製作・発行。
2005年 《シティ情報ふくおか》休刊後、復刊プロジェクトを発足。
編集長に就任。有料誌《シティ情報Fukuoka CLASS》とフリーペーパー《シティ情報Fukuoka Oオー!》を同時に創刊。
福岡で”暮らす”という視点から新シリーズ「糸島ライフ」「CLASS STYLE」などを立ち上げる。
別冊《美味本マガジン3〜福岡外食革命〜》『WOMAN.f Vol.3〜大人の美人道〜』などの製作を経て2010年に退社。
現在、”自力で作れる情報誌(サイト)”の立ち上げを目指して活動中。



受講のお申込み

受講のお申込みは受講申込みフォームにてお願いいたします。
お電話での対応はできません。先着順になりますのでご了承ください。