第3回ステンドグラスのワークショップを4月12日(日)に行いました。
「春爛漫 ― 光あふれる宝石のような器をつくろう」ということで、
今回、初めて立体の作品に挑戦いたしました。
表と裏のW使いが可能な、小さな美しいトレイです。

教えてくださったのは、ステンドグラス作家の久保淳子さん。
午前と午後の2回、それぞれ参加者6名でステンドグラス作りを体験しました。

それではワークショップの模様をご紹介いたします。

ステンドグラスワークショップ

まずは作品の材料となるガラスのパーツを選びます。
講師の久保さんが色とりどりのガラスを組み合わせてくださっていますので、
ジャンケンで勝った人から順にひとつ選び取っていきます。
ちょっとドキドキする瞬間です。

ステンドグラスワークショップ

どれも素敵なものばかりで迷ってしまいます!

ステンドグラスワークショップ

全員が選び終わったら、早速つくりはじめましょう。

ステンドグラスワークショップ

久保さんからコツを教わりながら、まずはガラスに銅のテープを巻いていきます。

ステンドグラスワークショップ

分からないところは久保さんが丁寧に教えてくださるので安心ですよ。

ステンドグラスワークショップ

これで良いのかな?と確認したり…。

ステンドグラスワークショップ

ステンドグラスワークショップ

少しずつコツを掴みながら、ひとつひとつのパーツに丁寧にテープを巻いていきます。

ステンドグラスワークショップ

ステンドグラスを作るのは初めての方も多かったのですが、皆さん、とてもお上手でした。

ステンドグラスワークショップ

黙々と細かい作業に集中されています。

ステンドグラスワークショップ

F_dの愛猫ジロは、参加者のヒョウ柄のバッグに集中していました。

ステンドグラスワークショップ

続いて、次の工程のハンダ付けへ。

ステンドグラスワークショップ

今回は初の立体作品。
協力し合いながら、組み立てていきます。

ステンドグラスワークショップ

ステンドグラスワークショップ

だんだんと形が見えてきましたよ。

ステンドグラスワークショップ

この器はちょっと複雑な形状をしているので、ガラスが重なり合って
混色の光を楽しむことができます。

ステンドグラスワークショップ

外側のパーツと中のパーツをどの向きで組み合わせるかで
色の重なり方が変わってきますので、ここも悩みどころですね。

ステンドグラスワークショップ

どちらの向きにしようか悩まれているところ、
エプロンの刺繍があまりに可愛かったので、思わずパチリ…。

ステンドグラスワークショップ

いよいよ完成が見えてきました。

ステンドグラスワークショップ

立体なので、いつもよりも少し難しかったのですが
皆さん、着々と仕上げていきます。

ステンドグラスワークショップ

ハンダ付けが終わったら、洗ってワックスを塗り、磨いたら完成です!!

ステンドグラスワークショップ

おお〜!綺麗〜っ!
まるで宝石みたいにキラキラと輝いています。
こんな素敵な作品を自分で作り上げたなんて、感動です。
どこに飾ろうかな?あの窓辺が良いかな?…と、今からワクワク。

ステンドグラスワークショップ

この器は表裏どちらの向きでも使えるので、ひっくり返してみると
また違う雰囲気。
こちらは下に落ちる光の影が美しいですね。

ステンドグラスワークショップ

作品の完成後は・・・大撮影大会です!^^

ステンドグラスワークショップ

皆さんの素敵な作品を写真に収めたら、久保さんを囲んでのおやつタイム。

ステンドグラスワークショップ

久保さんの作品集を見せていただいたり、ステンドグラスのことを久保さんにお尋ねしたり、
参加者の皆さんに今日の感想を伺ったりと、和やかな時間が流れます。

ステンドグラスワークショップ

続いて、午後の部のスタート。
内容は午前の部と同様です。…すみません(^^;

(↓しかも諸事情で画像が荒く…重ね重ね申し訳ございません!)

ステンドグラスワークショップ

今回もとても楽しい時間を過ごすことができました。
ご参加くださった皆さま、そして講師の久保さん、どうもありがとうございました!

ステンドグラスワークショップ