エフ・ディデザイン塾〜講座の様子

現在デザイン塾では1月から6月末までの18期と、4月から9月末までの19期の講座が並行して行われています。
土曜日は午前中に18期、午後からは19期の授業があっています。
毎回授業では冒頭に一人1、2分程度、一週間の中でのクリエイティブな内容の話題を発表しています。
コミュニケーションを深める目的もありますが、自分の考えや思いを人に伝えるということは
デザイナーのみならず、どんな仕事においても大切な能力だと思うからです。
トピックスの内容もさまざまで、最近観た映画や旅行の話、展覧会や街で手にしたフライヤーの話など
それぞれが感じたクリエイティブな話題を持ち寄ります。

デザインができるようになるには、まずデザインのいいものを模倣することです。
模倣するということは表面上の色やフォントを真似するのではなく、
その目的を知り、どのようなルールでデザインされているのかを読み解くことです。
普段目にしている雑誌や広告物など、何も意識せずに見ているだけでは真似すらできません。
誰に向けて何の目的で作られているのか。
サイズは? 色は? フォントは? レイアウトのルールは? 紙質は? 印刷の加工は? などなど…
分解していくとたくさんの要素が出てきます。
それらをきちんと調べ、自分の引き出しに入れていくことで、必要な時にそれらを引き出して使えるようになるのです。
冒頭に行うこのトピックスの発表はその訓練を兼ねています。

エフ・ディデザイン塾〜講座の様子

一色印刷でも素敵だということで持ってきた印刷物。
こういう黒い紙に白いインクで刷るにはどうしたらいいんですか?という疑問を発見できる!

エフ・ディデザイン塾〜講座の様子
エフ・ディデザイン塾〜講座の様子

デザイン講座では教材を授業毎に配付しています。
デザインを行っていく上で必要なアプリケーションの使い方から、デザインのルールまで
実践的な内容で編集したオリジナルテキストです。
アプリケーションの使い方をまんべんなく教える講座ではなく、
必要な知識、技術のみを厳選してカリキュラムにしています。

エフ・ディデザイン塾〜講座の様子

文字入力についての授業で配付されたテキスト。文字のみでデザインされたフライヤーを一緒に制作していきます。

エフ・ディデザイン塾〜講座の様子
エフ・ディデザイン塾〜講座の様子

授業ではプロジェクターにデザインの制作過程を投影しながら、各自それを見て実際にやっていきます。
毎回制作するデザイン物は、その授業で学ぶ技術を習得するのにわかりやすいように作られています。
今回の授業は「文字入力、文字組について」なので、文字のみで構成されたフライヤーを制作します。
縦組み、横組み、カーニング、トラッキング、文字詰め、行送り、インデント、タブなど
文字組についての理解と技術が身につくようになっています。

エフ・ディデザイン塾〜講座の様子

今日はすごくいい天気でした。塾の窓からは気持ちのいい風が入ってきます。
土曜日はこんな感じのゆったりとした雰囲気の中で行っています。